牛黄清心元とは

Top / 牛黄清心元とは

牛黄

goou_main_03_onmouse.gifgoou_main_04.gif

goou_main_2.gif
「妙泉 牛黄清心元」の処方は、中国北宋時代の薬局方「太平恵民和剤局方」に基づいた「牛黄清心圓」を原点としています。多種の生薬を巧妙に配合し、中風性疾患や脳疾患をはじめ多機能を持つ秘薬として、歴代の皇帝に愛用された高貴薬でした。その後長い年月を経て、民間へと広く使用されていきました。



日本製薬商事 フリーダイアル
お住まいの地域の取扱店をご紹介します。メールでのお問合せはこちら

処方

「牛黄(ゴオウ)」「麝香(ジャコウ)」など希少な生薬25種を配合。
漢方では、生命活動をする上で身体に必要とされる物質を「氣」「血」「水」の3つに分類して考えます。
「牛黄清心元」では、朝鮮の医書「東医宝鑑」に基づき、「麝香(ジャコウ)」「羚羊角(レイヨウカク)」「竜脳(リュウノウ)」など生命の維持に必要な「氣」の成分、「牛黄(ゴオウ)」「麝香(ジャコウ)」「蒲黄(ホオウ)」など体の滋養分や燃料になる「血」の成分、「牛黄(ゴオウ)」「蒲黄(ホオウ)」「芍薬(シャクヤク)」など体に潤いを与える「水」の成分など、希少な動物生薬をはじめとする25種の生薬を配合しています。

生薬の詳しい情報

特徴

循環器系に優れた効果。
牛黄清心元(ごおうせいしんげん)は、古くから血液循環器系の改善を目的として用いられてきました。高血圧に伴う症状は、人それぞれに異なり、どうき、手足のしびれ、肩のこり、のぼせ、耳なり、めまい、頭重感など一つの症状のみでなく、複数の症状を同時に訴えることがあります。牛黄清心元は、これらの症状に用いてすぐれた効果をあらわします。

添付文書

添付文書


取扱店のご紹介

日本製薬商事 フリーダイアル
お住まいの地域の取扱店をご紹介します。メールでのお問合せはこちら

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL.

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional