ニンニクについて

ピンクニンニク

ニンニクについてピンクニンニクについてニンニクの科学農工商連携事業とは


至高のニンニク

北海道在来種のピンクニンニクについて

ピンクニンニク

全て北海道常呂町の契約農家で栽培された北海道在来種の
ピンクニンニクを使用しています。
このニンニクの特徴や栽培方法などをご紹介します。

 

ニンニクの科学

ニンニクは古くから健康植物として知られており、感染症、循環器病、ガン予防などについて
学会等でその効果が報告されています。
ニンニクに特徴的に含まれる有機イオウ化合物であるアリインは、
維管束鞘細胞(いかんそくしょうさいぼう)にあるアリイナーゼという酵素と反応し、
においの元となるアリシンができます。
アリシンは極めて反応性の高い化合物で、すぐにジアリルジスルフィド(DADS)などのアリルスルフィド類に変化し、さまざまなニンニクの有効成分に変わっていきます。

農商工連携

JAところとの連携により、機能性の高いニンニク製品の開発に取り組み、
経済産業省と農林水産省等が実施している「農商工等連携事業」に認定されました。
農商工等連携事業計画(中部、平成23年度3回認定:認定日 平成24年2月3日)

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL.

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional